日本復興の為に、全ての膿を吐き出せ5 ― 愚官の国からの脱却へ(世の中の不思議をHardThink)

2011年04月16日
日本復興の為に、全ての膿を吐き出せ5 ― 愚官の国からの脱却へ
http://blog.livedoor.jp/hardthink/archives/51825608.html

今回は、調べれば調べる程明白になっていく政財官放学の癒着構造をまとめてみました。
 (参考)過去のブログ
 日本復興の為に、全ての膿を吐き出せ http://blog.livedoor.jp/hardthink/archives/51813792.html
 日本復興の為に、全ての膿を吐き出せ2 http://blog.livedoor.jp/hardthink/archives/51814304.html
 日本復興の為に、全ての膿を吐き出せ3 http://blog.livedoor.jp/hardthink/archives/51816408.html
 日本復興の為に、全ての膿を吐き出せ4 http://blog.livedoor.jp/hardthink/archives/51818798.html
画像
(図 原発に関わる癒着構造のまとめ:紫線=金銭赤線=その他

まとめてみると、想像以上に複雑かつ根が深い事が良く分かります。この図に更に大手ゼネコン、土地買収や作業員の確保の役割を担うヤクザの関わりもあり、とてつもない利権構造であると言えます。

いくつか例を挙げないと事実ではなく捏造したと思われては困りますので、エビデンス(証拠)を示しておきたいと思います。

追加がございましたら、是非、コメントを書いて頂けると大変助かります。

①官公庁からの天下り
いまさら証拠は必要ないかもしれませんが、下記です。
 やはり原発関連団体は「天下り」の巣窟だった ! http://p.tl/-WUJ
 電力会社への天下り一覧 http://gendai.ismedia.jp/articles/-/2441?page=4

②大学(学会)への寄付
東京大学だけで年間5億円の寄付、そして放射線と健康被害について研究の権威である長崎大学にも多額の寄付をしています。結果、アカデミズムも腐敗しています。メディアに登場する学者が放射線の影響で健康に被害があるとしない理由は、大学にもプラスになるからと考える事ができます。
 東電と東大のしがらみ(NHKの解説員が本当の事を言えない理由) http://www.insightnow.jp/article/6430
 大学は東電に「汚染」されている - 純丘曜彰 http://agora-web.jp/archives/1291655.html
 地震学会参加の大学に多額の寄付金 http://tanakaryusaku.seesaa.net/article/195695513.html

※ 何故、長崎大学に献金したのか、それは原発に従事する作業者が安全であると言わせる為。

③東電(電事連)とメディアの関係
記者クラブの存在によるメディアの腐敗もありますが、黙っててお金が入って来る独占公益企業の電力会社が多額の広告費を出す事も考えられません。また、広告主側が接待する理由も普通では理解出来ません。
 マスコミの腐敗のまとめ http://gendai.ismedia.jp/articles/-/2444
 言論統制のまとめ http://matome.naver.jp/odai/2130183431868236701
 <自戒を込めて言おう。当たり前のような接待によって、原子力行政を
 監視するメディアの目に緩みはなかったか>by週刊文春の記事

※ 事態の終息見えず、放射能が漏れ続けている最中、東電は謝罪広告を使って更に大手メディアを口止めしようとしております。

④東電からの企業献金(個人献金)
企業献金の規制が厳しくなったら企業献金ではなく個人献金に切り替え、政治(立法)への介入をしています。原子力賠償法を含め、東電に都合の良い法律が多数あります。
 1700万円を自民側に献金=東電役員、07年から3年間-「組織ぐるみ」の指摘も
 http://www.jiji.com/jc/zc?k=201104/2011040801039

※ 経産省/文科省/原子力安全委員会/保安院/東電は、”想定外”とする事により、原子力賠償法の適用範囲内としたい意図があります。

⑤経産省官僚からの圧力
2001年の小泉政権下の行政改革のどさくさにまぎれて、保安院を創設した経産省は最も国民目線から離れています。既にあらゆる面から想定外でなかった事が分かってきております。
 福島前知事告発、やはり経産省が元凶 http://p.tl/Ep_3
 経産省幹部が東京電力解体案の公表をストップ http://gendai.ismedia.jp/articles/-/2449

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

解決するには、とてつもない指導力が必要と思われます。政治家は選ぶ事ができたとしても、官公庁の人事は国民の目線で選ぶ事ができません。政治家にはメディアや検察官僚がチェック機能として働く事もありますが、メディアにチェック機能が無いのと同様に、官僚をチェックする機能が無い事が良く分かります。本来であればメディアが官僚をチェックすれば良いのでしょうが、腐敗したままのメディアには難しいかもしれません。

是非、追加があれば教えて下さい。

----------------------【引用おわり】----------------------


●純丘曜彰「東電のカネに汚染した東大に騙されるな!」(INSIGHT NOW)
http://sociologio.at.webry.info/201104/article_3.html
●東電:幹部ら自民に献金 07~09年で2000万円(毎日)
http://sociologio.at.webry.info/201104/article_95.html
●八田達夫「送電網は新規事業者に開放を 原発は政府が管理すべき」in『週刊東洋経済』(田中秀臣)
http://sociologio.at.webry.info/201104/article_71.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2011年04月22日 10:41
東京電力 自民 献金 - Google 検索

東電幹部「自民党に政治献金」役職ごとに金額割り振り : J-CASTテレビウォッチ
http://www.j-cast.com/tv/2011/04/20093581.html
東電:幹部・OB、自民に献金 07~09年で2000万円 - 毎日jp(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/biz/news/20110420ddm001020022000c.html
時事ドットコム:1700万円を自民側に献金=東電役員、07年から3年間-「組織ぐるみ」の指摘も
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201104/2011040801039
負の遺産。自民党の原発推進議員に渡った東電からの“隠れ献金” - 週刊実話
http://wjn.jp/article/detail/9247859/
東電役員が自民側に献金/ランク付け計1703万円
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2011-04-16/2011041615_01_1.html
【11.04.09】やっぱり 東京電力と自民党の「もたれ合い体質」 時事通信が報道:日本共産党亀山市議団
ttp://kameyama.jcpweb.net/actreport/110409-120651.html
ゲンダイネット
ttp://gendai.net/articles/view/syakai/129799
ましこ
2011年05月03日 08:37
50年間で68人が電力会社に天下り 経産省調査
産経新聞 5月2日(月)20時29分配信
 経済産業省は2日、経産省から電力会社への天下りが過去50年間で68人あったとの調査結果を発表した。このうち13人は現在も顧問や役員などの肩書で勤務している。電力会社と監督官庁である経産省との緊密な関係は原子力発電所の安全基準のチェックを甘くさせるなどの弊害があるとも指摘されている。

 経産省の調査によると、天下りの人数は北海道電力5人、東北電力7人、東京電力5人、北陸電力6人、中部電力5人、関西電力8人、中国電力3人、四国電力4人、九州電力7人、沖縄電力4人、日本原子力発電8人、電源開発6人。このうち中国電力をのぞく11社で現在も1~2人の経産省OBが残っている。

 調査では経産省(前身の通商産業省、商工省を含む)の元職員で、再就職先で常勤の役員か顧問だった人物を対象とした。電源開発については、平成15年10月に民営化されてからの在籍者を集計している。

 経産省から電力会社への天下りをめぐっては、石田徹・前資源エネルギー庁長官が今年1月に東電の顧問に就任したが、東電福島第1原子力発電所の事故後の4月に退任した。石田前長官の天下り人事については、枝野幸男官房長官が「個人の責任と判断で適切な対応をすると期待している」と述べるなどしていた。

この記事へのトラックバック