津波被害の文献知りながら「記録なし」と説明 関西電力 (asahi.com)ほか

文献無視「津波なし」 関電  若狭湾住民に調査を検討

 関西電力が、原子力発電所11基を有する福井県の若狭湾で、約400年前に地震による津波があったとの文献の存在を知りながら、津波の記述がない他の文書を重視し、住民には「過去に津波被害はない」と説明していたことが26日、分かった。関電は「過去に津波があったかボーリング調査などを含め検討する」としている。

 文献は吉田神社(京都市左京区)の神主が記した日記「兼見卿記(かねみきょうき)」と、当時日本に滞在していたポルトガルの宣教師ルイス・フロイスの「日本史」。いずれも長浜城倒壊など近畿、東海、北陸で広範囲に被害が出た1586(天正13)年の天正大地震について、若狭湾が波に覆われ、多くの家が流されて人々が死亡したと記す。

 国の指針で、原発建設時には過去の地震や津波の調査が義務付けられている。関電は30年前に両文献を把握していたが、天正大地震時の津波の記述がない「日本被害地震総覧」「日本被害津波総覧」を重視し、文献は信ぴょう性がないと判断。ホームページでも「文献などからも若狭湾周辺で津波による大きな被害記録はない」としていた。

【京都新聞 2011年05月27日 08時42分 】



津波被害の文献知りながら「記録なし」と説明 関西電力
asahi.com
2011年5月27日

 関西電力の原発がある福井県若狭地方での過去の津波被害をめぐり、関電が被害を記述する文献の存在を把握しながら、「文献記録はない」と地元などに説明してきたことが26日、分かった。

 文献に記述があったのは1586年に発生した「天正大地震」。敦賀短大の外岡慎一郎(とのおか・しんいちろう)教授(日本中世史)によると、京都の神社に伝わる「兼見卿記(かねみきょうき)」と、ポルトガル人宣教師ルイス・フロイスの「日本史」の二つの文献に、若狭地方が地震にともなう大津波に襲われ、多数の人が死亡したとする記述があった。

 一方、これまで関電は地元への広報誌などで、「文献などからも周辺で津波による大きな被害記録はありません」と説明してきた。



若狭湾の津波、調査検討=古文書に被害の記述-関電
 原発が集中する福井県の若狭湾で、約400年前、地震と津波により大きな被害で出たことを示す記述の残る文献が複数あることが26日、分かった。周辺に多数の原発を持つ関西電力は同日、福島第1原発の事故を踏まえ、若狭湾で大きな津波被害があったのかどうか確認するため、調査を検討していることを明らかにした。
 京都の神社に伝わる「兼見卿記(かねみきょうき)」という文書には、1586年に起きた「天正大地震」で、家が流され多くの死者が出たという記録が残されていた。ポルトガルの宣教師ルイス・フロイスが書いた「日本史」にも、同地震の記述の中に津波被害が記されているという。
 関電は文献の内容を把握していた。しかし、震源が内陸部の地震であるため津波はなかったとして、これまで地元住民や自治体に対し、津波による大きな被害はないと説明していた。同社は今後の対応について「地元への説明はしっかりやっていかねばならない」としている。(時事 2011/05/26-23:28)


原発集中の若狭湾、400年前に津波被害 文献に記録
日経
 2011/5/27 2:56

 敦賀、美浜など計14基の原子力発電所が集まる福井県の若狭湾で、400年以上前に地震による津波とみられる大波で、多数の被害が出たとの記録が複数の文献に残されていることが分かった。

 敦賀短期大学(同県敦賀市)の外岡慎一郎教授(日本中世史)が4月上旬、敦賀市の依頼を受けて調べたところ、京都の神社の神主が戦国~江戸時代につづった日記「兼見卿記(かねみきょうき)」で、1586年に「丹後、若狭、越前の海岸沿いで、家々が波に押し流されて人が死亡した」といった内容の記述があった。前日に「夜に地震があった」と記されていることから、地震による津波を記録したものと推定できるという。

 外岡教授によると、同文献は中世史の研究者には知られた一級の史料。

 また当時来日していたポルトガル人宣教師ルイス・フロイスが記した「日本史」にも「山のような波が押し寄せて家や人が流された」といった記述が見つかった。

 若狭湾で美浜原発などを運転する関西電力は、これまで地元自治体などに「若狭湾は、津波による大きな被害の記録がない」と説明してきた。指摘された文献について「存在は承知していた。東京電力福島第1原発の事故原因が津波と指摘されていることを踏まえ、追加調査するかどうか検討したい」(地域共生・広報室)としている。



16世紀の若狭湾 文献に「大津波」…関電は「記録ない」

 福島第一原発の事故を受け、関西電力が進める原発の安全対策の見直しについて、原発がある福井県・若狭湾周辺の住民らから、過去の文献も参考とするよう望む声が上がっている。同湾では16世紀に大津波が起きたとの記録が文献にあるが、関電は同湾周辺で大津波の記録はないと自治体などに説明している。

 若狭湾岸では14基の原発が稼働し、関電はこのうち11基を運転。関電は、若狭湾の津波想定を0・74メートル~1・86メートルとし、今回、この見直しを含めた安全対策のための調査を計画している。

 ただ、福島第一原発事故後の3月18日に、関電美浜原発がある福井県美浜町議会に配った資料では「日本海側には巨大な津波の原因となる海溝型プレート境界はなく、文献では過去に若狭湾周辺で津波による大きな被害記録はない」などとしている。

 外岡慎一郎・敦賀短大教授(日本中世史)によると、1586年の天正地震で若狭湾岸で大津波が起きたとされ、京都・吉田神社の神主が著した文献には丹後、若狭、越前の海岸沿いで多数の死者が出たとの記述がある。ポルトガル人宣教師のルイス・フロイスが著した「日本史」にも、「山のような波」がすべて押し流したと記されているという。外岡教授は「これまで若狭の津波被害は注目されていなかったが、大津波が起きたと考えられる」としている。

 関電美浜原発に隣接する敦賀市の河瀬一治市長は「文献に基づいての調査も進め、安全対策を検討してほしい」としている。

(2011年5月27日 読売新聞)



福井・原発周辺、文献に大津波の記録も

 福島第一原発の事故を受け、関西電力が進める原発の安全対策の見直しについて、原発がある福井県・若狭湾周辺の住民らから、過去の文献も参考とするよう望む声が上がっている。


 同湾では16世紀に大津波が起きたとの記録が文献にあるが、関電は同湾周辺で大津波の記録はないと自治体などに説明している。

 若狭湾岸では14基の原発が稼働し、関電はこのうち11基を運転。関電は、若狭湾の津波想定を0・74メートル~1・86メートルとし、今回、この見直しを含めた安全対策のための調査を計画している。

 ただ、福島第一原発事故後の3月18日に、関電美浜原発がある福井県美浜町議会に配った資料では「日本海側には巨大な津波の原因となる海溝型プレート境界はなく、文献では過去に若狭湾周辺で津波による大きな被害記録はない」などとしている。

 外岡慎一郎・敦賀短大教授(日本中世史)によると、1586年の天正地震で若狭湾岸で大津波が起きたとされ、京都・吉田神社の神主が著した文献には丹後、若狭、越前の海岸沿いで多数の死者が出たとの記述がある。

(2011年5月26日22時46分 読売新聞)



若狭湾の津波 関電が調査検討
NHK
 5月26日 21時28分

 全国で最も多くの原子力発電所が集中する福井県の若狭湾で、およそ400年前、地震とともに波で家が流され、多数の死者が出たとみられる記述が、複数の文献に記されていることが分かりました。関西電力は、これまで津波による大きな被害の記録はないと説明してきましたが、誤解を招くものだったとしたうえで、東日本大震災で想定外の事態が起きたとして、当時、津波の被害があったのか、調査を検討するとしています。
 福井県の若狭湾は、関西電力や日本原子力発電などが運転する全国でも最も多い14基の原発が集まる場所です。原発は、建設時に過去の地震や津波について調査を行うことが義務づけられていて、関西電力は、調査の結果、若狭湾で、津波による大きな被害の記録はないと、これまで地元の住民や自治体に説明してきました。しかし、東日本大震災のあと、日本の中世の歴史を研究している敦賀短期大学の外岡慎一郎教授が調べたところ、京都の神社に伝わる「兼見卿記(かねみきょうき)」という文書に、天正13年(西暦1586年)に起きた「天正大地震」で、若狭湾を含む沿岸で波が起こり、家が流され、多くの人が死亡したという記録があることが分かりました。また当時、日本に来ていたポルトガルの宣教師、ルイス・フロイスが書いた「日本史」の中でも、同じ天正大地震の記述として、若狭湾とみられる場所で「山と思われるほど大きな波に覆われ、引き際に家屋も男女もさらっていってしまった」と記されていることが分かりました。これらの資料は、国史の編さんにも使われる歴史資料としては一級のもので、NHKの取材に対し、関西電力は、昭和56年には2つの文献の内容を把握していたが、信ぴょう性がないと社内で判断し、住民や自治体には、津波による大きな被害の記録はないと説明してきたとしています。しかし、これまでの説明が誤解を招くものだったとしています。そのうえで、東日本大震災で想定外の事態が起きたとして、文献の記述のような被害が大きな津波で起きたのかも含め調べるため、ボーリング調査など科学的な調査を検討するとしています。関西電力は「どのくらいの大きさの津波に備えるのかは、文献の調査だけでなく、活断層の動きから計算する科学的なシミュレーションも行っているので、これまでの津波の高さの想定に問題はなかったと考えている。ただ、東京電力福島第一原発の事故を踏まえ、見直していくべきところは見直していく」と話しています。
----------------------【引用おわり】----------------------



●福島第1原発:東電「貞観地震」の解析軽視(毎日)ほか
http://sociologio.at.webry.info/201103/article_89.html
●東電、貞観大津波も過小評価か 4メートル未満と推定 (asahi.com)ほか
http://sociologio.at.webry.info/201105/article_80.html
●「想定超え」津波は考慮せず=原発耐震指針の委員長―被害経験なく「責任痛感」(時事)
http://sociologio.at.webry.info/201103/article_95.html
●38.2メートル大津波の教訓生かす 大船渡・綾里白浜(河北新報2011/03/27)ほか
http://sociologio.at.webry.info/201104/article_10.html
●東日本大震災:福島第1・第2原発、揺れの加速度が耐震基準超す(毎日)ほか
http://sociologio.at.webry.info/201104/article_8.html
●東日本大震災 原発事故評価7/史上最悪の事態は避けたい(河北新報)ほか
http://sociologio.at.webry.info/201104/article_64.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック