震災10日後、二度目の溶融か 福島3号機、専門家指摘(朝日)

asahi.com 2011年8月8日3時2分
震災10日後、二度目の溶融か 福島3号機、専門家指摘

拡大+
画像 炉心溶融を起こした東京電力福島第一原発3号機で、東日本大震災から10日後、冷えて固まっていた炉心の大部分が「再溶融」したとする説を専門家がまとめ、来月、日本原子力学会で発表する。東電は原子炉圧力容器底部の温度が低下した状態(冷温停止)を事故収束の目標としているが、炉心の大半が溶けて格納容器に落下しているなら、収束に向けた工程表に影響する可能性もある。

 3号機は、炉内への注水が始まった3月13日午前9時25分まで約6時間以上空だきになり、14日午前11時ごろには原子炉建屋で大規模な水素爆発が発生。炉心が溶融し、圧力容器の底に落ちたと考えられている。

拡大+
画像 東電の公表データによると、3号機炉内への1日あたりの注水量はその後、20日までは300トン以上を保っていた。燃料は冷えて固まったとみられる。

 ところが、注入できた量は21~23日に約24トン、24日は約69トンに激減した。圧力容器の圧力が高まり、水が入りにくくなった可能性がある。

 旧日本原子力研究所で米スリーマイル島原発事故などの解析を手がけた元研究主幹の田辺文也さんによると、この量は炉内の核燃料の発熱(崩壊熱)を除去するのに必要な水量の11~32%しかない。1日もあれば全体が再び溶ける高温に達する計算になるという。

 田辺さんは、大規模な「再溶融」によって高温になった核燃料から大量の放射性物質が放出され、大半が圧力容器の底から格納容器まで落ちたと推測する。




【ブログ内関連記事】
●2・3号機も炉心溶融…地震直後のデータ解析(読売)ほか
http://sociologio.at.webry.info/201105/article_84.html
●外国なぜ続々避難?福島3号機は猛毒プルサーマル(J-CASTニュース2011/3/18)
http://sociologio.at.webry.info/201103/article_97.html
●原発作業員3人、被曝上限超え判明…精密検査で (読売新聞)ほか
http://sociologio.at.webry.info/201107/article_31.html
●福島第1原発事故 2号機、3号機原子炉建屋に作業員が入る 作業環境の改善が課題に(FNN)ほか
http://sociologio.at.webry.info/201105/article_66.html
●<福島第1原発>被ばく 作業員2人200ミリシーベルト超(毎日新聞)ほか
http://sociologio.at.webry.info/201104/article_139.html
●依然不明な放射線物質の漏出箇所と、作業員の被爆対策不足
http://sociologio.at.webry.info/201103/article_78.html
●原発1・3号機周辺、高汚染 水素爆発で飛散か(asahi.com)ほか
http://sociologio.at.webry.info/201104/article_121.html
●世界の環境ホットニュース[GEN] 794号:無「計画停電」決定までの舞台裏(8)
http://sociologio.at.webry.info/201104/article_25.html
●佐藤栄佐久・前福島県知事が告発 「国民を欺いた国の責任をただせ」(『週刊朝日』3/30)
http://sociologio.at.webry.info/201104/article_19.html



原子力発電で本当に私たちが知りたい120の基礎知識
東京書籍
広瀬 隆

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 原子力発電で本当に私たちが知りたい120の基礎知識 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ましこ
2011年09月21日 16:49
3号機、炉心の検出器全滅…損傷状況推定できず
産経新聞 9月21日(水)13時57分配信

 東京電力は21日、福島第1原発3号機の原子炉圧力容器の下に位置し、制御棒137本の挿入状態を知るための検出器を調べた結果、すべてが損傷などで正常に作動しなかったと発表した。東電は、炉心溶融(メルトダウン)の高熱で電線が断線したりショートしたとみている。

 3号機の圧力容器の底には溶けた燃料がたまっているとみられる。東電は、炉心の状況を推定するため、制御棒にそれぞれ設置された検出器が正常に作動するかを調査。電気を流したが、健全な反応を示した検出器はなかった。

 東電の松本純一原子力・立地本部長代理は「圧力容器下部の損傷の程度は、はっきり分からない」と説明した。

 東電は当初、検出器の作動状況から、燃料損傷の度合いや原子炉下部の温度を推定できるとみていたが、検出器の損傷が予想以上に大きく、手掛かりは得られなかった。東電は燃料の損傷状態を調べる別の手法を検討する。

 1号機でも検出器を確認しているが、ほとんどの検出器が作動せず、損傷の程度は分からなかった。

この記事へのトラックバック