パレスチナ、9月20日に国連加盟申請の方針 (読売新聞)ほか

パレスチナ、9月20日に国連加盟申請の方針
読売新聞
8月13日(土)23時26分配信

 【エルサレム=加藤賢治】パレスチナ自治政府のマルキ外相は13日、AFP通信に対し、9月20日にパレスチナの国連加盟を申請する方針だと明らかにした。

 9月の国連総会にあわせ、アッバス自治政府議長が国連の潘基文(パンギムン)事務総長に申請書を提出するという。

 国連加盟には安全保障理事会の承認・勧告が必要だが、オバマ米政権は「交渉による和平」を主張、申請しても拒否権を行使する方針をパレスチナ側に伝えている。アッバス議長は、イスラエルとの和平交渉の早期再開は当面望めないと判断し、米国の反対を押し切り、国連加盟申請を決断したとみられる。パレスチナ側は、加盟が失敗しても、国連総会でパレスチナ国家樹立を支持する決議案採択を目指すなど、国際世論の喚起を狙っている。

 ただ、パレスチナ側は、国連加盟を求める姿勢を見せながら、国際社会がイスラエルに交渉再開への圧力を強めることも期待している。中東和平を推進する米国と欧州連合(EU)、ロシア、国連の4者は交渉再開に向けた協議を続けており、同議長も交渉再開の可能性を否定していない。





来月20日ごろ国連加盟申請=米は反対、交渉再開を模索―パレスチナ
時事通信
8月13日(土)21時6分配信

 【エルサレム時事】パレスチナ解放機構(PLO)筋は13日、国連総会の新会期開幕後の9月20日前後に、アッバス自治政府議長自身が潘基文国連事務総長に対し、パレスチナの国連加盟を申請する方針を明らかにした。アッバス議長は同月下旬に総会で演説を行う予定で、その直前に申請するとみられる。
 パレスチナは、国連への加盟を通じて国家として、国際的な承認を得ることを目指している。イスラエルと「対等な地位」を得ることで、ユダヤ人入植地の凍結などで譲歩しないイスラエルに圧力をかける狙いがある。
 国連加盟は、国連安保理の勧告を受け、総会で3分の2以上の賛成で採択される。ただ、中東和平交渉を仲介してきた米国は和平交渉とは離れたパレスチナの取り組みを「一方的」と批判。安保理の審議で、拒否権を行使するとみられており、加盟実現は容易ではない。
 米国はパレスチナに加盟申請を断念させ、交渉に復帰させようと外交努力を続けている。オバマ米大統領が5月の中東演説で提案した第3次中東戦争(1967年)直前の境界を国境画定の基準とすることなどを条件に交渉再開を促したい考えだ。 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ましこ
2011年08月20日 17:39
ハマスがイスラエルとの停戦破棄、衝突拡大の懸念
CNN.co.jp 8月20日(土)15時33分配信

エルサレム(CNN) パレスチナ自治区ガザを実効支配するイスラム組織ハマスは20日、2009年に打ち出していたイスラエルとの停戦を破棄すると発表した。軍事部門「カッサム隊」がハマス系のラジオ局で宣言した。

 イスラエル南部で18日、武装勢力がバスや車両などを襲撃して7人を殺害し、イスラエルが報復攻撃でガザの武装勢力の拠点を空爆したことを受けた発表となっている。停戦が破棄されたことで、イスラエルとハマスの衝突が今後増える恐れも出てきた。

 カッサム隊は声明で、正当化されないパレスチナ人の虐殺が続けられる状況の中でイスラエル占領との停戦はもはやないと述べた。ハマスはイスラエルの国家的な存在を認めていない。

 ハマスは2009年、イスラエルが前年末に始めた3週間にわたるガザ侵攻作戦後、停戦に踏み切っていた。ただ、イスラエルによる侵略行為があったとした場合には、イスラエル領内に限定的な攻撃を加えていた。

 米国と欧州連合(EU)はハマスをテロ組織に指定している。

 一方、イスラエルによるガザ攻撃は20日も続き、ガザ市では早朝、車両を狙った空爆があり、パレスチナの病院や治安当局筋によると5歳の男児を含む3人が殺害された。イスラエルの報復空爆は18日以降続いているが、パレスチナ人の死者はこれで12人以上となった。

この記事へのトラックバック