「人種差別」で物議のクッキー販売、無事に終了 米大学(CNN)

「人種差別」で物議のクッキー販売、無事に終了 米大学
2011.09.28 Wed posted at: 12:45 JST

(CNN) 米カリフォルニア大学バークリー校の共和党学生団体がカップケーキやクッキーを人種別の値段で販売するとして物議を醸した資金集めイベントが27日、無事に終了した。

同団体の代表、ショーン・ルイスさんはCNNに、「最大の成果は暴力が起きなかったこと」と話した。用意したカップケーキ300個は完売し、クッキー200個も少量を残すのみとなった。

ルイスさんによると、店頭では議論も盛んに交わされ、中には怒りの言葉をぶつける学生もいたが、殴り合いなどの事態にはならなかった。カリフォルニア大の他校舎からも、心配した共和党学生団体が手伝いに駆け付けたという。

このイベントでは、クッキーなどの値段を男性が白人2ドル、アジア系1.5ドル、ラテン系1ドル、黒人75セント、先住民系25セント、女性ならさらに一律25セント引きにとランク付けして販売。ルイスさんらは、カリフォルニア大の入学者選抜などで導入が検討される人種、性別による優遇措置を皮肉り、「人種間のランク付け」に対する批判を促すのが目的と説明していた。

この日、同じ会場の数メートル離れた場所には、バークリーの学生自治会が優遇措置導入に賛同する相談窓口を開設した。自治会長のビシャリ・ルーンバさんは、ルイスさんらのイベントには多くの学生が嫌悪感を示していると指摘。「言論の自由は認めるが、このやり方は建設的ではない」と批判した。

ルイスさんらは収益の寄付先を検討中だが、イベントが巻き起こした議論で迷惑がかかる恐れもあるため、団体名の発表は控える方針だという。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

小林真彦
2011年10月05日 09:39
現代書館の「For Beginnersシリーズ」の『差別』の巻の160ページによれば、日本共産党は「資本家対労働者」という図式に合わない部落開放同盟を分断させようとしたとのことですが、それは共産党が正しかったからおこなった行為なのでしょうか?
というのも、「すべての差別の原因は資本家による労働者差別であって、すべての差別が資本家が主犯」という構図を想定しないと、本件の説明ができないからです。
原著(英語)は2001年が初版の『Stupid White Men』の日本語版の102ページによれば白人と黒人の間の平均給与格差は120年間変化していないそうです。すなわち「資本家階級が差別主義者全員をあやつっている」という一元的な図式を想定しないかぎり、「ではそもそも何故優遇措置が作られたのか?」という単純な問いを投げかけられた途端に返答に窮する様な行為をする人間がいることを意味するからです。もっとも、『Stupid White Men』日本語版の128ページによれば、アメリカには小学4年レベルの読み書きができない「機能的文盲者が4400万人もいる」とのことですので、本件の主体を「本を読みたくても読めず、物を知る機会自体が無い人間」と想定すれば話は別です。ですが、それ以外の理由なら、やはり「単純な問いを投げかけられた途端に返答に窮する様な行為をする人間がいることを意味する」ので、防衛機制だとか難しい理論を提示されても、それは「単純な問いを投げかけられた途端に返答に窮する様な行為を」おこなう自虐的な人間が存在するということであり、それは差別をなくそうとする人々を勢いづかせる行為に他ならないからです。
上記の疑問に対して、どなたかお答えくだされば幸いです。
pinkpeace-pacifist-eriko…
2011年10月05日 19:51
製造産業だけではなく、基本的には、富の再分配過程である国家予算や搾取されたサービス産業利益の取り合いという意味では、公務員や公共労働者や非製造労働者、全サービス産業労働者などでも、根本は同じなのです。

 例えば、…良心的な病院でも、経営者や役員や医師の報酬はかなり高く設定され、また、利益剰余金・内部留保金をたくさん残すためには、人件費(賃金)を低く抑えていかなくてはなりません。

 …一人の平均的な看護師さんなど職員が、月にどれだけの診療報酬など利益を稼いだかは、実績から計算できますが、実態はひどく、賃金がはるかに安く設定され雇用契約をされています。したがって辞めざるを得ない職員も後を絶たず、皆さんご案内のとおりの慢性的な人手不足の実態であります。
……
 特に、製造業など資本主義的な「搾取」とは、まさに、企業経済活動を利用した合法的な詐欺とペテンと同じであるとも言えるでしょう。
 封建領主や地主に経済外的強制力である武力で威嚇されて土地に縛りつけられ強制的に「年貢」等を取り上げられる封建主義(農奴制・奴隷制)的な「搾取」とは違って、法的には「平等」な人格をもつ「自由」な契約関係を前提にしている「商品の価値法則」である「等価交換」が合法的になされた結果としての「賃金」である以上は、法定内の不正なものではないのが「資本主義的な搾取」なのです。…
ウィキペディアン
2011年10月05日 20:01
ウィキペディア「搾取」

…現実の価格が投下労働価値に比例するのはごく限られた場合であるから、これによって、以降、利潤の源泉が労働の搾取だと言うマルクスの主張は理論的に正当化できず、客観的に立証不可能な信念の表明にすぎないことになってしまった。

 ところが、1954年、置塩信雄が証明した「マルクスの基本定理」(この呼び名は英語で『マルクスの経済学』を著した森嶋通夫が命名したもの。証明者にちなんで、「置塩-シートン-森嶋の定理」と呼ばれることもある)は、ともかく正の利潤を発生させるような価格ならどんな価格であったとしても(つまり投下労働価値に比例した価格であろうとなかろうとも、また均等利潤率をもたらす生産価格であろうとなかろうとも)、そのもとで労働が搾取されていることを数学的定理として示した。このことは、マルクス主義の立場に立つ立たないを問わず、厳密な客観命題として、この定理の示す結論を(非マルクス派の経済学者にも)承認することを迫るものである。

 また、この定理は、森嶋の著作等を通じて広まり、マルクス・ルネサンスと呼ばれる新しいマルクス経済学研究のマイル・ストーンともなった。…
ウィキペディアン
2011年10月05日 20:03
ウィキペディア「数理マルクス経済学」

・マルクスの基本定理
利潤率が正である為の必要十分条件は搾取率が正である事である。

・森嶋-シートン方程式
経済が均斎成長経路にあるときの産出比率でもって部門間をウェイト付けすることによって搾取率と均等利潤率の間で,いわゆる森嶋-シートン方程式がなりたち,均等利潤率は搾取率の単調増加連続関数であることが示される。

・マルクスの総計一致2命題
マルクスのiteration process によって、価値体系が生産価格体系に収束することを示した(いわゆる「転形問題」の肯定的解決)。

・一般的商品搾取定理(一般化されたマルクスの基本定理)
「マルクスの基本定理」を拡張し、労働搾取の存在と任意の商品の搾取の存在の同値性を示したもの。この定理により、「マルクスの基本定理」が示したとされる、労働の搾取が正の利潤の唯一の源泉である主張は根拠を失う(労働搾取は、労働商品でない任意の商品の「搾取」と取り替え可能となるから)、とされる。しかし,これについては,労働以外の財の投下価値規定は意味がない旨の批判がある。…
小林真彦
2011年10月06日 13:19
お返事ありがとうございます。
結局のところ今回の差別クッキー事件も、資本家が労働者同士を民族や性別といった属性によって分断統治しようとした結果で生じた策謀で、クッキーの販売において明示された民族や性差は差別の表層にすぎないんでしょうか。
そうでないとするなら、根拠が無くそれゆえ瞬時に見破れる様な欺瞞を自由意志を持つ人間が垂れ流した、つまり差別に反対する人々を勢いづかせる様な自滅行為を自由意志でおこなった、ということになるのですが、やはりその可能性は無いんですかね。
ましこ
2011年10月17日 12:02
米ルイジアナ州、黒人と白人の結婚が拒否される
2009年10月17日 17:34 発信地:シカゴ/米国

【10月17日 AFP】米南部ルイジアナ(Louisiana)州で、異人種間の結婚は道徳的に正しくないとの理由から、地元治安判事が黒人男性と白人女性の結婚許可証の発行を拒否した。…
 ルイジアナ州郊外、Tangipahoa郡のキース・バードウェル(Keith Bardwell)治安判事は、地元紙ハモンドスター(Hammond Star)に対し「わたしは自宅で黒人カップルを祝うこともあり、人種差別主義者ではない」と述べた上で、「(異人種間の)子どものことが心配だ」と語った。
 バードウェル氏は、異人種間の結婚が長続きせず、また、異人種間に生まれた子どもが、白人と黒人のいずれの社会にも受け入れられないとの考えを述べ、「わたしが異人種間結婚を認めない理由は、子ども自身には責任の無い問題に、子どもを巻き込みたくないからだ」と語った。また、「子どもたちはいずれ苦しむことになるだろう」と述べた。
 その後、白人女性のベス・ハンフリー(Beth Humphrey)さんと黒人男性のテレンス・マッケイ(Terence McKay)さんは、近隣地区の治安判事のもとで結婚を認められた。
 ハンフリーさんによると、結婚の段取りをするために治安判事に電話した際に、判事の妻に異人種間結婚かどうかを尋ねられ、バードウェル氏は異人種間の結婚を認めないので、ほかの治安判事に連絡を取るよう伝えられた…
 ハンフリーさんは、「(…治安判事に)…権限があることが、単純に信じられない。だって露骨な差別でしょ」と…。
 バードウェル氏は16日、WAFBテレビに声明を発表し、「わたしは自分の信念を通す。わたしには結婚を認めない権利がある。異人種間結婚は間違っている」と…。(c)AFP

この記事へのトラックバック