F15戦闘機:燃料タンク落下 石川・小松基地近く(毎日)ほか

F15戦闘機:燃料タンク落下 石川・小松基地近く

落下物を調べる県警の捜査員たち=石川県能美市で
2011年10月7日、宮本翔平撮影

画像 7日午前8時45分ごろ、航空自衛隊小松基地(石川県小松市)の北北東約4キロの上空で、同基地所属のF15戦闘機の左主翼に設置されていた金属製の燃料タンク(直径0.8メートル、長さ6.6メートル、重さ155.6キロ)1本が落下した。空自によると、燃料は入っておらず、能美市根上町と同市山口町で破損したタンクが見つかった。警察などとともに被害の確認を急いでいる。

 同機は日本海で戦闘訓練を行うため、午前8時6分、ほかの3機とともに小松基地を離陸。訓練を終え、基地に着陸する直前だった。落下したタンクは胴体と両主翼の下部に取り付けられていた3本のうちの1本で、飛行前の点検では異常はなかったという。【鈴木泰広】

 ◇防衛相が謝罪
 一川保夫防衛相は7日午前の記者会見で、空自戦闘機のタンク落下について「非常に地域の方々に心配や迷惑をかけて申し訳ない」と謝罪し、原因究明と再発防止の徹底を指示したことを明らかにした。

毎日新聞 2011年10月7日 11時10分(最終更新 10月7日 11時54分)




戦闘機の燃料タンク落下   小松基地近くの能美市  複数箇所に散乱 

 7日午前8時45分ごろ、訓練中の航空自衛隊F15戦闘機(石川県・小松基地所属)から、燃料タンク1本が同基地の北北東約4キロの地上に落下した。タンクの一部は石川県能美市の複数箇所で見つかり、空自が被害の有無の確認を急いでいる。
 空自によると、タンクは機外に3本装備でき、落下したのは左主翼側のタンク。長さ6・6メートル、直径0・8メートル、重さ155キロで、燃料は入っていなかった。一部が見つかったのは能美市根上町と山口町。タンクは破損して散乱しているとみられ、空自が事故原因を調べている。
 戦闘機は午前8時6分、日本海上空での戦闘訓練のため、4機編隊を組んで小松基地を離陸。訓練を終えて着陸する直前にタンクが落下したという。
 自衛隊機の一部が落下した能美市山口町の下水道施設「石川県翠ケ丘浄化センター」には、地元の警察官が駆けつけ、職員らが対応に追われた。
 職員によると、午前8時40~45分ごろ、「ドーン」という衝撃音が2回聞こえ、施設東側の市道脇の敷地内で3~4メートル程度の大きさの金属破片が見つかった。センターの事務所(2階建て)から数十メートルしか離れていない場所で、事務所内から見えるという。
 敷地内ではほかにも数カ所で破片が見つかっており、施設の破損がないか確認を急いでいる。
 男性職員は「車がぶつかる音より少し大きいぐらいの音だった。普段から自衛隊機の飛行コースになっているが、部品の落下は初めてで驚いた」と話していた。
 施設の西側は海に面しており、周辺にはサッカー場やラグビー場、鉄工所や住宅がある。(共同通信)
2011/10/07 12:09





石川 F15燃料タンク落下か
NHK
 10月7日 11時9分

 7日午前9時前、石川県の航空自衛隊小松基地の近くの石川県能美市で、自衛隊の航空機の部品が落下しているのが見つかりました。けが人や建物の被害の情報はありませんが、航空自衛隊によりますと、落下したのは近くを飛行していたF15戦闘機の燃料タンクで、自衛隊で状況を調べています。
 7日午前8時45分ごろ、石川県能美市で航空機の部品とみられる円すい形の金属の部品などが落下しているのが見つかりました。能美市の消防によりますと、落下物は下水道施設の敷地内や施設の向かいにある空き地など、少なくとも3か所に点在して落ちているということで、中には長さが2メートルほどのものもあるということです。この落下物によるけが人や建物の被害などの情報は消防に入っていないということです。航空自衛隊小松基地によりますと、当時、現場近くの上空では訓練を終えて基地に帰ってきた小松基地所属のF15戦闘機が飛行していました。自衛隊でこの機体を調べたところ左側の翼に付いていた燃料タンク1本がなくなっていたということで、自衛隊ではこの燃料タンクが落下したものとみて状況を調べています。現場近くにいた男性は「『ドーン』という大きな音がしたと思ったら、戦闘機と思われる飛行機2機が飛んでいるのが見えた。そのあと落下物があったと知ったが、もし500メートル離れた街中に落ちていたら大変なことになっていたと思う」と話していました。航空自衛隊によりますと、燃料タンクが落下したF15戦闘機は、7日午前8時6分ごろに小松基地を離陸し、ほかの3機の戦闘機と共に日本海の上空で訓練を行っていました。そして、訓練を終えて小松基地に戻るため、午前8時45分ごろに着陸態勢に入ったところ、左側の主翼の下に設置してある燃料タンクが落下したということです。落下した燃料タンクは▽全長6.6メートル、▽直径0.8メートル、▽重さが155キロあり、中に燃料は入っていなかったということです。小松基地の管制官は当時の様子を見ていて、「F15戦闘機から火や煙のようなものが出て何かが落下した」と話しているということで、航空自衛隊でタンクの回収を急ぐとともに、落下の原因を調べています。



●在日米軍機事故の一覧 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%A8%E6%97%A5%E7%B1%B3%E8%BB%8D%E6%A9%9F%E4%BA%8B%E6%95%85%E3%81%AE%E4%B8%80%E8%A6%A7
●軍用機事故の一覧 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BB%8D%E7%94%A8%E6%A9%9F%E4%BA%8B%E6%95%85%E3%81%AE%E4%B8%80%E8%A6%A7
●宮森小学校米軍機墜落事故 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%AE%E6%A3%AE%E5%B0%8F%E5%AD%A6%E6%A0%A1%E7%B1%B3%E8%BB%8D%E6%A9%9F%E5%A2%9C%E8%90%BD%E4%BA%8B%E6%95%85
●横浜米軍機墜落事件 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A8%AA%E6%B5%9C%E7%B1%B3%E8%BB%8D%E6%A9%9F%E5%A2%9C%E8%90%BD%E4%BA%8B%E4%BB%B6


●沖縄国際大学米軍ヘリ墜落事件満7年
http://sociologio.at.webry.info/201108/article_46.html
●原発立地と同質=無自覚なNIMBYとしての 兵器配備=安全論(米軍ヘリ オスプレイ配備)
http://sociologio.at.webry.info/201105/article_111.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック