ハイリスクな夜勤バイト体制を たなにあげ、「他の牛丼店と同じ防犯態勢」など責任転嫁の 某外食チェーン

「すき家」強盗が急増…夜間は1人勤務、ゲーム感覚で犯行も

県内でも「すき家」強盗が急増 運営会社も防犯態勢強化
産経新聞 10月1日(土)10時37分配信

拡大写真
連続で強盗被害にあった「すき家川越諏訪町店」。
運営会社の「ゼンショー」は店舗の24時間監視など
防犯態勢を強化している=28日、川越市
(写真:産経新聞)

画像 埼玉県内では9月に入り、大手牛丼チェーン店「すき家」を狙った強盗事件が急増している。昨年は1年間で7件だったが、今年は9月だけで6件も発生(28日現在)。「毎度おなじみのすき家強盗です」などと脅してくる例もあり、県警はすき家に狙いをつけた犯行の可能性もあるとみている。運営会社の「ゼンショー」(東京都)でも、防犯態勢を強化して警戒に当たっている。(清作左)

 県警防犯のまちづくり推進室によると、県内で発生した「すき家」への強盗(未遂も含む)は昨年1年間では7件だったのに対し、今年はすでに12件(28日現在)発生、今月に入ってからは6件(同)と頻発している。

 朝霞署によると、16日未明に朝霞市朝志ケ丘の「すき家朝霞朝志ケ丘店」で起きた強盗事件では、男が同店に押し入ると、アルバイト店員(24)に刃物を突きつけながら「毎度おなじみのすき家強盗です。カネを出せ」などと脅迫。男はアルバイト店員が非常ボタンを押したため、何も取らずに逃走したという。

 川越市諏訪町の「すき家川越諏訪町店」では、今月5、16日に連続して強盗被害にあっている。県警の調べでは、今年の県内の牛丼店強盗は、すき家以外では発生していない。県警ではすき家を意図的に狙った犯行の可能性もあるとみて、警戒を強めている。

 大手検索サイト「グーグル」で「すき家」と検索すると、関連キーワードとして「すき家強盗」と出てくる。ある県警幹部は「インターネット上に『狙いやすい』などの情報や夜間の防犯状況が流れており、ゲーム感覚で犯行に及ぶものもいる」と明かす。

 すき家を運営する「ゼンショー」の広報室によると、逮捕者の中には、警察の調べに「ネット上の書き込みを見て自分でもできると思った」と供述している例もあるという。広報室は「他の牛丼店と同じ防犯態勢であっても、『狙いやすい』という情報があるのですき家が狙われる可能性が高くなるのではないか」と分析する。

 こうした事態に、県警では深夜から未明にかけて複数の人員を配置するよう呼びかけている。一方で、ゼンショー広報室は「店員が2、3人いても強盗に入られる例はある」としている。すき家で勤務中に強盗にあった40代の男性アルバイト店員は「夜間は1人勤務なので強盗に入られるかもしれないという不安はある」と明かす。その上で、男性は「こういう業態なので、1人で働くのは仕方がないです」と弱々しく話した

 ゼンショーでは、非常ボタンを押すと本社モニターに店内の映像が流れ、警察に通報する設備を整え、24時間態勢で警戒に当たるなどしている。広報室では「検挙が最大の防犯。防犯態勢を強化し、警察に協力していく」としている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ましこ
2011年10月13日 12:33
すき家の強盗被害9割!警察庁、異例の防犯対策強化を要請
産経新聞 10月13日(木)10時19分配信

 大手牛丼チェーンを狙った強盗事件のうち、「すき家」の被害が全体の約9割と多発していることから、警察庁は13日、全国の警察本部に対し、過去に被害に遭ったすき家の店舗などに防犯診断・指導を継続して実施するよう求める通達を出した。運営会社のゼンショー(東京都港区)に対しても、防犯対策の強化を要請。警察庁は昨年11月にも同様の要請をしており、個別の企業に対する要請としては極めて異例という。

 牛丼チェーンを狙った強盗事件は9月末までに全国で71件発生し、すでに昨年1年間の68件を上回っている。このうち、すき家の被害は63件(被害総額約656万円、検挙8件)と全体の約9割を占め、昨年1年間に発生した58件(被害総額約1190万円、検挙25件)を超えた。2回にわたって強盗被害に遭った店舗も4店舗あった。

 2位は「吉野家」の6件(昨年9件)、3位は「なか卯」の2件(同1件)。食券方式の「松屋」は0件となっている。

 すき家が標的となる要因として、警察庁では、夜間の勤務体制が通常、アルバイト店員の1人勤務▽店内に多額の現金を保管▽レジが出入り口直近に1台のみの店舗が多い▽人通りの少ない郊外にも店舗を構えている-などを挙げている。

 平成21年ごろから、すき家を狙った強盗が目立ち始め、ネット上で「狙いやすい」「もはやATM」などの記述を見て犯行に及んだ容疑者もいたという。

 警察庁では昨年11月、ゼンショーに対して防犯体制の強化を指導。一部店舗で防犯カメラの設置といった改善がみられたものの、大半の店舗では夜間時間帯の単独勤務が引き続き行われるなど、抜本的に改善されないことから、改めて12日にゼンショーの担当者を呼び出し、…
ましこ
2011年10月13日 12:33
牛丼店強盗、9割が「すき家」=レジ1台に現金集約など―警察庁が防犯体制強化要請
時事通信 10月13日(木)10時15分配信
 今年1~9月に発生した牛丼チェーン店への強盗事件(未遂含む)は71件で、うち9割に当たる63件は「すき家」に集中していたことが13日、警察庁のまとめで分かった。同庁は「治安悪化の要因になり得る」と指摘。すき家を運営する外食大手「ゼンショー」に防犯体制の強化を要請した。
 警察庁によると、すき家を狙った強盗事件は2009年ごろから増加。同庁は、被害が集中する要因として▽深夜にアルバイト店員が1人で勤務▽レジが出入り口付近に1台しかなく、現金が集約される▽人通りの少ない郊外に店舗が多い―といった点を挙げている。
 被害は19都道府県に広がり、同一店舗が2回被害を受けたケースも、埼玉や愛知、京都で計4店に上った。
 警察庁は昨年11月、ゼンショーに夜間の勤務体制強化などを要請。しかし、今年6月に調査したところ、被害店舗を含め、ほとんど改善が見られなかったという。
 すき家をめぐっては、インターネットで防犯対策の甘さを指摘する書き込みがあるほか、警察が摘発した容疑者が「1人勤務で狙いやすい」と供述したケースもある。今年3月には京都市の店舗に強盗が入り、アルバイト店員が切り付けられる事件もあった。 
ましこ
2011年10月13日 19:49
<すき家>深夜の1人勤務解消へ 防犯強化要請受け
毎日新聞 10月13日(木)19時13分配信

 大手牛丼チェーン「すき家」を経営するゼンショーは13日、防犯対策強化の一環として深夜の1人勤務体制を順次解消する、と発表した。同社は、すき家を狙った強盗事件が多発しているとして警察庁から防犯体制の強化の要請を受けていた。

  ゼンショーは、すでに一部の店舗で深夜の時間帯の複数勤務体制を行っているが、11年末までに全店舗の60%、12年3月末までには全店舗を目標に、深夜の時間帯の複数勤務体制を確立する、としている。
ましこ
2011年10月14日 20:42
警察庁が指導、「すき家」ゼンショーの経営姿勢
読売新聞 10月13日(木)12時28分配信

 警察庁は12日、「すき家」の運営会社「ゼンショー」に、防犯体制に不備が目立つとして指導を行った。

 指導を受けた、ゼンショーは東証1部上場。今年3月期連結決算の売上高は3707億円で、日本マクドナルドホールディングスやすかいらーくを抜き、国内の外食チェーンの売上高トップとなった。

 今回の指導について、ゼンショーの広報担当者は「経営を度外視してまで防犯に取り組む必要があるのか考えたい」と発言。防犯カメラの設置などの対策を進めていると説明した上で、「複数の夜勤がいた店が被害に遭った事件もあり、従業員を増やしたところで強盗は防げない」と同庁の指摘に疑問を投げかけた。また、出入り口付近にレジを設置していることについては、「客が出入りしやすい場所なので配置している。変える必要があるか検討したい」と話した。

 警察庁生活安全局の幹部は、こうしたゼンショーの姿勢について、「大手企業として防犯に対する意識が足りない。街の治安悪化にもつながりかねないので、徹底的に指導したい」と話している。
ましこ
2011年10月14日 20:57
@zensho_pr
ゼンショー広報室長
ゼンショーからこのようなコメントはいっさい出しておりません。→「経営を度外視してまで防犯に取り組む必要があるのか」。深夜勤務体制を見直す発表を控えてこんなことを言うはずがないとご理解ください。
10月13日 Tweenから
ましこ
2011年10月14日 21:03
経営を度外視してまで”発言は「事実無根」 ゼンショー、Twitterで一部報道を否定
ネタりかBETA 2011/10/14 16:04

警察庁は10月12日、全国の「すき家」店舗で強盗事件が多発していることから、ゼンショーに防犯体制の強化を指導しました。この指導について、ゼンショーの広報担当者が「経営を度外視してまで防犯に取り組む必要があるのか考えたい」と発言したとする記事が、読売新聞の10月13日夕刊や14日朝刊などに掲載されました。記事中の発言に、2ちゃんねるやはてなブックマークでは「あきれる」「酷い」などのコメントが相次ぎ、"炎上騒ぎ”となりました。

▽ 痛いニュース(ノ∀`) : すき家ゼンショー 「経営を度外視してまで防犯に取り組む必要があるのか」 - ライブドアブログ

しかし、ゼンショーの公式Twitterアカウント「ゼンショー広報室長(@zensho_pr )」は、10月13日夜のツイートでこの発言を“事実無根”と否定しました。ほかにも、「新聞に書いてあることがすべて真実であるとは限らないということを、身をもって体験しました」「(読売新聞に)厳重に抗議します」「他紙をご覧いただければ、1紙だけが違う内容であることにお気づきになると思います」などのツイートを投稿しています。併せて、公式サイトでも報道内容を否定する書面を公開しています。

ゼンショーのツイートに、はてなブックマークのコメント欄には、「どういうこっちゃ」「真相はどうなのだろう??」「ではなぜああいう報道になったのだろう。どちらかが嘘をついたということだからかなり問題だが」などの声が寄せられています。

同社は警察の指導を受けて、10月13日に防犯対策の拡充とその内容を発表しています。

▽ 「すき家」の防犯対策の拡充について (PDF)

この記事へのトラックバック