「佐賀被告に改ざん告白」前田元検事が証人出廷(読売)ほか

「佐賀被告に改ざん告白」前田元検事が証人出廷

写真の拡大+
画像 大阪地検特捜部の証拠品改ざん事件を巡り、犯人隠避罪に問われた元部長・大坪弘道(58)、元副部長・佐賀元明(50)両被告の第8回公判が18日、大阪地裁(岩倉広修ひろみち裁判長)であった。

 元部下でフロッピーディスク(FD)のデータを改ざんした前田恒彦元検事(44)(証拠隠滅罪で実刑確定)が検察側証人として出廷し、「電話で佐賀被告に改ざんを告白した」と証言した。

 この裁判で両被告は「前田元検事からは改ざんではなく過失と報告された」として無罪を主張している。




写真の拡大+
画像 前田元検事が佐賀被告に郵便不正事件の証拠品だったFD改ざんを伝えた、としているのは昨年1月30日夜の電話。検察側の尋問で前田元検事は、「同僚の国井弘樹検事(36)(現・法務総合研究所教官)から『前田さんがFDのデータを変えた』と聞いたが本当か」と佐賀被告に聞かれて「本当です」と認めた、と明言。「日付をどのように変えたかまで伝えた」と述べた。さらに、この電話の際、「佐賀被告は『何とか(前田元検事を)守りたい』と言った」と説明し、法廷で涙ぐんだ。

(2011年10月18日11時56分 読売新聞)




<証拠改ざん>前田元検事が証人に 「事前に故意と伝達」
毎日新聞
10月18日(火)11時42分配信

 大阪地検特捜部の証拠改ざん・隠蔽(いんぺい)事件で犯人隠避罪に問われた元特捜部長の大坪弘道被告(58)と元副部長の佐賀元明被告(50)の第8回公判が18日、大阪地裁(岩倉広修(ひろみち)裁判長)であった。郵便不正事件の証拠品だったフロッピーディスク(FD)を改ざんした前田恒彦・元主任検事(44)=証拠隠滅罪で実刑確定=が検察側証人として出廷。「昨年1月30日に電話で佐賀さんにFDのデータの日付を6月1日から6月8日に変えたと伝えた。(昨年9月に)自分が逮捕される前にも故意の改ざんだと伝えていた」と証言した。【苅田伸宏、村松洋】

 前田元検事は検察側の質問に答え、改ざんに手を染めた09年7月以降の状況を説明した。証言によると、09年7月13日に地検の執務室で私有パソコンを使いFDのデータを改ざん。その時、改ざん前の正しいデータが記された捜査報告書が別に存在することは忘れていたと述べた。

 昨年1月下旬、地検内部で改ざん問題が表面化。前田元検事は同30日、出張先の東京から最初に改ざんを打ち明けた国井弘樹検事の携帯電話にかけると「目の前に佐賀さんがいます」と言われ、佐賀被告と会話した。「FDデータを変えたのは本当か」と聞かれ、前田元検事は「本当です」と答えたと証言した。

 同年2月1日には佐賀被告から「過誤で説明がつけられないか」と聞かれたといい、前田元検事は「大坪さん、佐賀さんは身を切って助け舟を出してくれたと思った」と考え、自分で作り上げた過誤ですますストーリーを佐賀被告に伝えたと述べた。

 弁護側は1月30日に佐賀被告は前田元検事と電話で話しておらず、佐賀被告が話した相手は他の検事だと反論している。



●犯人隠避公判 国井検事、改竄は「ブラックジョークと思った」 (産経新聞)ほか
http://sociologio.at.webry.info/201110/article_41.html



証拠改竄 特捜検事の犯罪
朝日新聞出版
朝日新聞取材班

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 証拠改竄 特捜検事の犯罪 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック