前宜野湾市長、「本に虚偽記載」とメア氏を告訴 (読売新聞)ほか

前宜野湾市長、「本に虚偽記載」とメア氏を告訴
読売新聞
10月26日(水)11時46分配信

 米国務省の前日本部長、ケビン・メア氏の著書「決断できない日本」(文芸春秋刊)に虚偽の事実を記載され、名誉を傷つけられたとして、沖縄県宜野湾市の伊波洋一前市長が26日、メア氏について、名誉毀損(きそん)容疑で那覇地検に告訴状を提出した。

 今年8月に出版された同書は、同市の米軍普天間飛行場に近接する小学校の移転を巡り、「日本政府は移転しようとしているが、伊波前市長が反対している。小学校の危険性を政治利用していた」との内容を記述している。

 告訴状では、市は1980年頃から国に移転要請してきたが、国が応じず92年に頓挫した経緯を示し、「移転に反対したことはなく、名誉を傷つける悪意のある内容だ」としている。

 告訴状提出後、伊波氏は報道陣に「許されない記述であり、司法の場で厳しい処罰を求める」と語った。また、伊波氏の代理人弁護士は該当部分の削除を文芸春秋社に求める方針を明らかにした。




前宜野湾市長、メア氏を告訴へ
沖縄タイムス
 2011年10月25日 09時27分

 【宜野湾】米国務省前日本部長ケビン・メア氏が著した「決断できない日本」の中に事実無根の記載があり、社会的信用を低下させたとして、前宜野湾市長の伊波洋一さんは24日、メア氏を名誉毀損(きそん)の罪で那覇地検に刑事告訴する考えを明らかにした。26日に刑事告訴後、同書を重版しないよう、出版社へ警告する方針。

 告訴状によると、普天間飛行場の滑走路に近接する普天間第二小学校について、同著は『さすがに危険なので、日本政府も資金援助して学校の移転を実施しようとしているのですが、伊波洋一前市長ら反基地派が学校の移転に反対している』『はっきり言って、彼はこの小学校の危険性を政治的に利用していました』などと記述した。

 これに対し、伊波さんは「2003年から7年間の市長任期中も現在も、日本政府が同小を移転させようとした事実はない」と反論。「反対したことはなく、反対の動機とされる記述も事実無根。名誉を傷つける悪意のある内容だ」と批判した。代理人の新垣勉弁護士は「地検の動きを見ながら、民事の損害賠償も検討したい」と話した。

 同小移転問題は1980年代、市が国に再三要望。しかし、国の補助を受けられず、92年に頓挫した。



メア前日本部長の告訴状提出=「著書で名誉毀損」-前宜野湾市長(時事)

 沖縄県民を侮辱する発言をしたとされ、米国務省日本部長を更迭されたケビン・メア氏の著書で名誉を傷つけられたとして、米軍普天間飛行場を抱える沖縄県宜野湾市の伊波洋一前市長が26日、名誉毀損(きそん)容疑で、メア氏の告訴状を那覇地検に提出した。
 告訴状によると、メア氏は著書「決断できない日本」で、「普天間基地近くに小学校があり、危険なため日本政府も移転させようとしたが、伊波氏が反対していた」と記述。さらに、「伊波氏が小学校を政治的に利用していた。小学校がなくなれば、基地に反対する材料が減ると思い、移転に反対していた」などと著書で説明した。
 これに対し、伊波氏側は告訴状で「(同氏の市長在職中に)政府が小学校を移転しようとしたことはなく、伊波氏が移転反対を表明したことは一度もない」と反論。メア氏の著書の記述は虚偽で、伊波氏の社会的評価を低下させ、名誉を毀損したとしている。
 告訴状提出後、伊波氏は県庁で記者会見し、「私をおとしめるための全く事実に反する記述だ」と述べた。一方、メア氏は取材に対し、「記述は事実。告訴は不当だ」と反論した。(2011/10/26-11:43)



名誉毀損容疑でメア氏告訴 著書めぐり前宜野湾市長「事実に反し虚偽」
産経
 2011.10.26 13:01

 沖縄県宜野湾市の伊波洋一前市長は26日、米国務省の日本部長だったケビン・メア氏が8月に出版した著書で虚偽の事実を記載したとして、名誉毀損容疑でメア氏を那覇地検に告訴した。出版社に該当部分の削除を要求するほか、メア氏への損害賠償請求も検討しているという。

 メア氏は著書で、米軍普天間飛行場(宜野湾市)近くにある普天間第二小学校の移転に伊波氏が反対し、学校の危険性を政治的に利用したなどと記述。告訴状で伊波氏は「政府は移転しようとしておらず、反対の表明もしていない。事実に反し虚偽だ」としている。

 那覇市内で記者会見した伊波氏は「私にレッテルを貼り、普天間飛行場の危険性を日米両政府が放置していることから国民の目をそらすものだ」と批判した。



共同通信に記事削除要求=米国務省のメア前部長-沖縄侮辱発言(時事)

 「沖縄の人はゆすりの名人」などと発言したと報じられ、4月に米国務省を退職したケビン・メア前日本部長は18日、都内の日本外国特派員協会で記者会見し、改めて発言を否定、最初に報じた共同通信社に記事の訂正・削除を求めた。
 報道は、メア氏の話を聴いた米大学生らが作成した「発言録」が基になっている。これについてメア氏は「記事を書いた共同通信の記者は(来日した)学生らを自宅に泊めるなど(学生らと)極めて近い関係にあり、彼らから入手したという『発言録』は記事の根拠にならない。倫理違反は明らかだ」と主張。そもそも「ヤクザが使う『ゆすり』という日本語を(発言時に)私は知らなかった」と強調した。
 ただ、メア氏は30年に及ぶ国務省在任中、多くの共同通信関係者と親交を築いてきたとも述べ、「問題にしているのは共同通信社ではなく記事を書いた記者個人」と指摘。まず「共同通信社が調査し、事実を明らかにしてほしい」と訴えた。
 メア氏は既に17日、同社に訂正・削除を正式に申し入れたという。
 ◇正確と確信
 河原仁志共同通信社編集局次長の話 メア氏の講義を聴いた複数の学生、准教授が発言の事実を明らかにしており、メア氏にも直接会って発言を確認した。正確な報道と確信し、取材方法も倫理上の問題はないと考えている。(2011/08/18-16:38)



メア氏抗議に共同通信反論 「正確な報道と確信」
産経
 2011.8.17 20:18

 日本や沖縄への差別的発言が報じられて米国務省日本部長を今年3月に更迭されたケビン・メア氏は17日、東京都内で記者会見し、報道の基になった発言録は、講義を聞いた米学生らが約2カ月半後にまとめたもので「信頼性」がなく、取材方法にも疑問があるとし、最初に報じた共同通信に対し、記事の取り消しを求めた。

 これに対し、共同通信は(1)複数の学生のほか、引率した准教授も「発言録は正確だ」と証言(2)メア氏は同2月、取材記者に直接、発言が事実であることを認めた(3)取材は適切に行われ倫理上の問題は全くない-とし「正確な報道と確信している」との見解を示した。

 同4月に国務省を退職したメア氏は、在日通算19年の外交官生活を基にまとめた「決断できない日本」(文春新書)出版に合わせ会見した。(共同)




ケビン・メア前日本部長の発言要旨(時事)
 米国務省前日本部長ケビン・メア氏の発言要旨は次の通り。
 【侮辱発言】
 (報道後初の沖縄訪問だが)県民に説明したいのは、侮辱的な発言はしていないことだ。報道は正確ではない。(記事の基になった発言録は)学生が2カ月後に2週間かけて書いたと言うが、誰も正確とは思わない。日本の報道基準からすると許せない。倫理違反だ。しかし、沖縄では私が発言したと思っている人は多い。(日本部長更迭に対し)個人的(名誉)だけでなく、日米安保や対沖縄政策もおかしいと思わせることになると(ルース)大使に説明したが、更迭された。今でも(更迭は)間違っていたと思う。
 【普天間移設】
 県外移設すれば海兵隊は訓練ができなくなる。(訓練不足で)戦場に派遣された兵士が亡くなりかねない。地元沖縄の政治のために米政府が若い兵士を犠牲にするつもりはない。(日本政府は辺野古移設を)実行すると知事に言うことだ。沖縄県民のためには移設する方がいい。大規模な負担軽減になる。この機会を失ったら県民にとって非常に残念なことになる。はっきりと知事が言わないと計画全てが崩壊する危険が迫っている。数週間のうちにはっきりしないと、グアム移転の予算は期待できなくなる。
 【日米首脳会談】
 (野田佳彦首相から普天間問題で)説明があることを期待していると思う。戦略的な面からすると普天間基地が今のままでも別に問題はない。米国だけでなく日本にとっても、能力を維持する面からはそうだ。安保政策を決めるのは政府だ。知事の判断に基地問題全ての責任を任せるのは不公平だ。そういう大きな問題を地元の知事に任せるのは良くない。国の問題だ。野田首相ができるだけはっきりタイミング、日程、いつ決断すると説明すべきだ。あまり時間がない。
 【米議会】
 (グアム移転費の削減は)米議会の予算が苦しいと言うより、普天間移設計画が進展していないからこうなった。日本では別の計画を交渉するという声もあるが、米国は受け入れない。年末までに決断できなければ、米議会を説得できない。
 【与那国島寄港】
 与那国島の祖納港に寄港した際、港の水深は誰も分からなかった。地図もあったが非常に古かった。寄港しないと分からない。寄港したら情報が入る。(与那国島は)台湾海峡に危機があれば重要な場所。南西諸島に対し中国の脅威があり、重要な場所だ。(2011/09/18-22:28)



ウィキペディア「ケヴィン・メア」

ケヴィン・K・メア
(英語: Kevin K. Maher 1954年8月21日 - ) は、アメリカ合衆国の外交官。駐日アメリカ合衆国大使館政治軍事部長や沖縄総領事等を経て、アメリカ合衆国国務省東アジア・太平洋局日本部長を務めていたが、舌禍事件により解任され、依願退官。退官後は民間コンサルティング会社に上級顧問として勤務。
日本語が堪能で…、日本人の妻を持ち…、子供は日米両国籍を保持している…。

……

発言

 在沖総領事在任中から数々の言動が物議を醸し、沖縄からは「軍政中の琉球列島高等弁務官と何ら変わらない」と激しい怒りの声が上がった…。2008年7月には「こんな総領事は要らない、平成のキャラウェイ気取りはやめよ」と琉球新報から社説で非難された…。
 下記の大学生向けの講演内容は2011年3月に発覚し、これに対し沖縄県議会は撤回と謝罪を求め、また抗議する旨全会一致で決議…。県内各自治体議会からは抗議・非難の決議が相次いだ[17]。元沖縄県知事大田昌秀は「要請申し入れのために会った事があるが、いかにも“上から目線”の人物で、外交官というより軍部の文官。沖縄はアメリカ軍将兵の血で購われた土地だから何をしようと自分達の勝手と考えているアメリカ人の一人」と評した…。
 2006年8月、普天間飛行場外周にまで住宅が密集している現状に「普天間は特別ではない。飛行場として特に危ないとは思わない」…。また、「(住宅地に近い)福岡空港や伊丹空港も同様に危険」と反論…。
 2007年、海軍掃海艦の与那国島寄港計画が反対されたことに「日本の安全保障に貢献している米海軍の入港になぜ反対するのか理解しにくい」…。
 2008年2月、米兵女子中学生暴行事件についての市民団体の抗議活動に対応せず外食。「不当な抗議行動をする方と会っても冷静な議論はできないと考えた」…。4月には、日米地位協定見直しを「ある政治家と団体が政治的に利用し、政争の具にしようとしていることは非常に残念だ」、基地外居住者への外国人登録について「日本の防衛に貢献するため命を犠牲にする用意がある人に、日本に税金を払う義務を課す主張があるのは不思議だ」との発言を行なっている…。7月、普天間飛行場がアメリカ軍の安全基準に違反するとの市長・伊波洋一の指摘に「なぜ滑走路の近くの基地外に、宜野湾市が建設を許しているのかわからない」[19]。8月、沖国大米軍ヘリ墜落事件に関し沖縄県警察が行なった調査に対して「米側が調査し原因は分かっているのに、整備員の名前を聞いて何を調査したいのか疑問だ」[…。
 2009年9月、海軍掃海艦石垣島寄航に反対し住民が掲げた横断幕が持ち去られたことを「置いていた物が取られた? 捨てられたごみを片付けただけではないか」…


【沖縄通を自称する『極東ブログ』の見解】
[書評]決断できない日本(ケビン・メア): 極東ブログ

http://finalvent.cocolog-nifty.com/fareastblog/2011/08/post-b987.html
2011年8月25日 – 共同通信による「沖縄はゆすりの名人」報道については、「メア氏問題の背景: 極東ブログ」(参照)で言及した内容が本人から確認できたという意味で、私には驚くような情報はなかった。だが、あの時点で疑問に思った次の点については多少 ...

メア氏問題の背景: 極東ブログ
http://finalvent.cocolog-nifty.com/fareastblog/.../post-7fb3.html - キャッシュ
2011年5月1日 – これはひどい」で悪名高きはてなブックマークコメントのひとつであり、コメント先は「メア氏講義メモ私訳: 極東ブログ」(参照)である。私訳したのは、「ごまかしとゆすり」というメディアの訳語が一人歩きしているので、この時点で可能なかぎり妥当 ...

メア氏講義メモ私訳: 極東ブログ
http://finalvent.cocolog-nifty.com/fareastblog/.../post-eb85.html
2011年3月10日 – ケビン・メア米国務省日本部長(当時)が昨年12月3日に国務省で実施した講義の受講メモとして公開されている英文(参照・参照)の私訳。 ※ ※ ※. United States Department of States Briefing December 3rd, 4pm, at the Department of ...



【ケビン・メア批判のブログ記事】
●検索「ケビン・メア」(『タカマサのきまぐれ時評』)
http://tactac.dreamlog.jp/search?q=%E3%82%B1%E3%83%93%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%A1%E3%82%A2
●「こんな知日派が、日本にとってのぞましいってのは…」(『タカマサのきまぐれ時評2』)
http://harana.blog21.fc2.com/blog-entry-641.html



【ブログ内関連記事】
メア氏語録 (琉球新報 2011年3月10日)
ましこ・ひでのり おぼえがき ...
2011年5月2日 ... ましこ・ひでのり おぼえがきのメア氏語録 (琉球新報 2011年3月10日)に関する詳細 記事。(Powered by BIGLOBEウェブリブログ)メア氏語録2011年3月10日.
http://sociologio.at.webry.info/201105/article_7.html関連ページ

米軍の 恩着せがましいヘリクツと、沖縄差別に無自覚な日本人と、植民地 ...
2011年3月27日 ... 沖縄はごまかしとゆすりの名人」などと差別発言をして更迭された米国務省のケビン・ メア前日本部長を東日本大震災の日米間の調整担当に ... メア氏は発言発覚後も学生 が作成した発言録について「正確でも完全でもない」と非を認めず、 ...
http://sociologio.at.webry.info/201103/article_94.html関連ページ

沖縄国際大学米軍ヘリ墜落事件満7年 ましこ・ひでのり おぼえがき ...
2011年8月14日 ... ヘリ事故だけではなく、「県外移設」や「オスプレイ」「メア発言」など基地問題の キーワードを鋭く風刺したコントの数々に、観客で埋め ... 前在沖米総領事のケビン・メア 氏が弁当店に面接に来たという設定では「沖縄の人はゴーヤーも作れない。 ...
http://sociologio.at.webry.info/201108/article_46.html関連ページ

ひとごとの「深刻さ」を強調して責任転嫁する全国紙の一部とそれ以外 まし ...
2011年9月22日 ... ゆすり発言」をしたとして3月に更迭されたケビン・メア元国務省日本部長は18日、更迭 後初めて沖縄を訪れてこう語った。 「日米合意順守」の掛け声だけで済む時期は過ぎて おり、残された時間は少ない。(酒井充、ニューヨーク 黒沢潤) ...
http://sociologio.at.webry.info/201109/article_57.html関連ページ

ウィキリークスによる 日本政府の機密暴露 ましこ・ひでのり おぼえがき ...
2011年5月4日 ... 私(メア在沖縄総領事=同)はその必要はないと応じ、この点でいかなる柔軟さをみせる ことも間違いであり、沖縄の情勢を ... 同年11月、元防衛相の立場だった小池氏は沖縄 を訪問し、キャンプ・シュワブから湾を挟んだカヌチャ・リゾートでメア ...
http://sociologio.at.webry.info/201105/article_15.html関連ページ

米海兵隊:オスプレイ配備 環境審査に着手(毎日)ほか ましこ・ひでのり ...
2011年8月29日 ... 米メア元日本部長:「沖縄はゆすりの名人」発言を否定 毎日新聞 2011年8月29日 2時 33分(最終更新 8月29日 4時21分) オスプレイ配備 早まる恐れも沖縄タイムス 2011 年8月20日 09時34分 在沖米海兵隊の日本語版ホームページに掲載 ...
http://sociologio.at.webry.info/201108/article_97.html関連ページ

「普天間問題の裏切り者たち」(思うように資金調達ができない方へ) まし ...
2011年5月19日 ... 嘉手納統合案が最良だ」、メア前国務省日本部長が「辺野古移設は難しい」、レビン上院 軍事委員長が「辺野古の美しい海を見て移設は難しいと感じた」と、それぞれ語ったこと を公表した。実際レビン氏は5月11日、国防総省に「嘉手納統合案を ...
http://sociologio.at.webry.info/201105/article_64.html関連ページ



決断できない日本 (文春新書)
文藝春秋
ケビン・メア

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 決断できない日本 (文春新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック