福島第1原発:1~4号機の廃炉まで30年以上(毎日)ほか

福島第1原発:1~4号機の廃炉まで30年以上


原子力委員会がまとめた第1原発の廃炉工程
画像 東京電力福島第1原発1~4号機の廃炉措置について、内閣府原子力委員会がまとめた報告書案が26日、分かった。使用済み核燃料プール内の燃料は2015年以降、原子炉内の溶融燃料は22年以降、取り出し作業を始め、廃炉終了には「30年以上を要する」との長期見通しを初めて盛り込んだ。報告書案は、28日に開かれる原子力委の中長期措置検討専門部会で了承される見通し。

 第1原発では、炉心溶融した1~3号機の原子炉内に計1496本、1~4号機の使用済み核燃料プール内には3108本の燃料集合体が残っている。廃炉実現のためにはこれらを回収し、長期間にわたって安定的に冷却・保管する必要がある。

 報告書案によると、廃炉措置は原子炉の「冷温停止状態」を年内に達成したうえで、早ければ来年からスタートする。原子炉内の溶融燃料回収のため、原子炉建屋内をロボットなどで除染したうえで、格納容器の損傷部分を修復。さらに、放射線を遮蔽(しゃへい)するために格納容器全体を水で満たす「冠水(水棺)」作業を実施し、22年以降から燃料回収を始める。

 一方、プール内の燃料は比較的損傷が少ないが、2号機を除いて水素爆発で原子炉建屋が大きく壊れ、取り出すための既設のクレーンが使用できない。このため、新たにクレーンを設置し、4号機近くにある一時貯蔵施設「共用プール」を整備したうえで、15年以降の回収を目指している。

 報告書案では、すべての燃料回収までに約20年かかった米国のスリーマイル島原発事故(79年)の経緯を踏まえたうえで、「廃炉措置が終了するまでには少なくとも30年以上の期間を要する」と推定。早期の廃炉実現のためには、(1)海外専門家の助言を積極的に得る(2)計画が不調な場合は臨機応変に対応する(3)実際の現場作業に必要な研究や開発を優先する(4)国内の技術者の育成につなげる--の四つの基本方針を示した。福島原発では4基の廃炉措置を同時並列で進める必要があり、スリーマイル事故や旧ソ連のチェルノブイリ原発事故(86年)と比較しても、きわめて困難な作業となることが予想される。このため、報告書案は「官民挙げたオールジャパン体制で進める必要がある」と強調。そのうえで、来春に発足する「原子力安全庁」とともに、廃炉の進捗(しんちょく)状況をチェックする第三者機関の設置の必要性も初めて盛り込んだ。

毎日新聞 2011年10月27日 2時30分





【大震災7カ月】福島第1原発、廃炉準備 溶融燃料の取り出し「高度な技術開発必要」
SankeiBiz
2011.10.12 12:52

 原子炉の冷温停止が達成されると、「廃炉」に向けた準備作業が始まることになる。作業の中心となるのは、原子炉と燃料貯蔵プールからの燃料の取り出しだ。事故収束に向けた工程表では、燃料貯蔵プールからの燃料取り出しを、年明けを目標とするステップ2達成の時点から、「3年程度」で始めることを掲げている。

 廃炉手法を検討している原子力委員会の専門部会によると、プールから燃料を取り出すには、原子炉建屋上部のがれき撤去、建屋カバーと燃料取り出し用クレーン設置という準備作業が必要だ。取り出した燃料を入れる専用容器の製造と、貯蔵スペースの確保も課題になる。

 さらなる困難が予想されるのは、原子炉からの溶融した燃料の取り出しだ。格納容器の損傷場所を補修した上で水で満たし、燃料を取り出す手順が想定されている。

 冷却水が漏れ続ける状況下での損傷場所の特定と補修や、格納容器に漏れ出した燃料の取り出しは、米スリーマイル島原発事故でも例がない。作業には10年以上かかるとみられており、専門部会は「より高度な技術開発が必要」と指摘している。




NHK「かぶん」ブログ(NHK科学文化部)2011年08月04日 (木)
【解説】福島第一原発 廃炉・解体をどう進めるか(科文・大崎記者)

東京電力福島第一原子力発電所の事故で、あくまで事故収束後の話ですが、原子炉の廃炉・解体をどう進めるかの検討が、きのう始まりました。
参考になると考えられるのが、32年前に起きたアメリカのスリーマイル島原発事故です。
しかし専門家が指摘したのは、スリーマイルよりもはるかに厳しい現実でした。
科文・大崎要一郎記者の解説です。


【はじまった"廃炉"の検討】

国の原子力委員会に設置された専門家の会合で、きのう福島第一原発の廃炉に向けた工程表の検討が始まりました。 工程表は遅くとも来年1月までにとりまとめられ、それをもとに実際の作業が進められる見込みです。



【参考にしたのは32年前の"悪夢"】

部会で参考にされたのが、32年前に起きたアメリカ・スリーマイル島の原発事故です。
スリーマイル島原発事故では、商業用の原発としては世界で初めて燃料が溶け落ちるメルトダウンが起きました。

原子炉の冷却水が失われ、核燃料が露出。およそ70%が溶けて、一部が原子炉の底に落下しました。
福島第一原発でも同じくメルトダウンが起きていて、その復旧作業には共通する部分が数多くあると考えられているため、参考とされているのです。

そのスリーマイル島原発事故の復旧作業は、どのように行われたか。
スリーマイル島原発で原子炉の中に初めてカメラが入ったのは事故の3年後。ようやく溶けた燃料の様子が明らかになっました。

しかし、建物内の放射性物質を取り除く作業に時間がかかり、燃料の取り出しに着手したのは6年後。

さらに最終的に全ての燃料を取り出せたのは、事故から実に11年もたっていました。


【福島ではどう進むのか】

では福島第一原発ではどう進められるのか。
国や東京電力、メーカーなどが検討していた福島第一原発の廃炉に向けた素案はこうです。

2014年度から使用済み燃料プールに保管されている核燃料の取り出しを開始。

そして、炉心から燃料を取り出す作業が始まるのは、10年後の2021年度。

核燃料の取り出しを終え、原子炉建屋を解体、撤去するまでには

数十年に及ぶと想定されています。

その中で最も難しい工程と考えられているのが、10年後に始めるとしている

「炉心からの燃料の取り出し」です。


【"手探り"でおこなわれた燃料の取り出し】

スリーマイル島事故ではメルトダウンを起こした原子炉がどうなっているのか把握することから始まりました。

原子炉の中にカメラを入れて、燃料の状態がわかるまでに3年。
炉心は原型をとどめないほど破壊されていました。

そして、容器の底には溶け落ちた燃料が塊に。

その後、燃料を取り出すための専用の機械の開発などで時間を費やし、すべてが取り出された時には事故から11年がたっていました。

スリーマイル島事故でも難航した「燃料の取り出し」、しかし福島第一原発での困難さは、その比ではないと専門家の間では指摘されています。


【厳しい福島第一原発の状況】

福島第一原発では、メルトダウンを起こした燃料は原子炉の圧力容器とその外側の格納容器に穴をあけ、高濃度の汚染水とともに外部に漏れ出ているとみられますが詳しい状況はわかっていません。

さらに原子炉に穴があいて、外側の格納容器に燃料が漏れている可能性が高くなっています。そして、その格納容器も損傷しているとみられています。
燃料の取り出しは通常、水の中で行いますが、格納容器の穴をふさぐことができるかは、まったくの未知数です。作業を始めれば、なお多くの課題が出てくることも予想されます。

そのうえ福島第一原発ではメルトダウンを起こしている原子炉は、3基もあります。

つまりスリーマイルでは燃料は圧力容器の中にあるのがわかっていましたが、福島はどこにあるのかがわからない、圧力容器にぜんぶあるのかどうかはっきりとわからない、そこが一番大きな違いだとされています。

さらにもうひとつの課題は、「汚染の深刻さ」です。福島第一原発では、汚染マップそのものがまだありません。
現在、およそ10万トンもの高濃度の汚染水が貯まっています。

その上、施設内で高い放射線を放つ場所が今も相次いで見つかっています。

数々の困難が予想される廃炉に向けた作業。いったい最終的に原発が解体されるには何年かかるのかと心配になりますが、残念ながら数十年単位で考えなければなりません。

事故の収束とともに、その後の長期にわたる「廃炉への道筋」を1日でも1年でも早くつけて住民の不安の解消と国民の安心につなげることが必要です。

---------------------【引用おわり】-------------------------




【ブログ内関連記事】
●福島第一にはメルトダウンした核燃料よりももっと危険なものがある(Life is Beautiful)
http://sociologio.at.webry.info/201110/article_69.html
●原発解体~世界の現場は警告する~|NHKスペシャル(文字おこし)(3)最終回
http://sociologio.at.webry.info/201104/article_109.html
●原発解体~世界の現場は警告する~|NHKスペシャル(文字おこし)(2)
http://sociologio.at.webry.info/201104/article_90.html
●原発解体~世界の現場は警告する~|NHKスペシャル(文字おこし)(1)
http://sociologio.at.webry.info/201104/article_82.html
●“原子力村”推進一辺倒 反骨の学者、小出裕章・京大助教に聞く(東京新聞)4月9日)
http://sociologio.at.webry.info/201104/article_70.html


●平井憲夫『原発がどんなものか知ってほしい(全)』
http://sociologio.at.webry.info/201103/article_37.html
2011年3月16日 廃炉も解体も出来ない原発 「閉鎖」して、監視・管理どうしようもない放射性廃棄物住民の被曝と恐ろしい差別私、子供生んでも大丈夫ですか。たとえ電気がなくなってもいいから、私は原発はいやだ。 原発がある限り、安心できない 著者 平井 ...

●東芝「廃炉に10年半」 東電に計画案、期間短縮(朝日)ほか
http://sociologio.at.webry.info/201104/article_45.html
2011年4月8日 asahi.com 2011年4月8日3時40分.

●福島第一原発、廃炉は数十年がかり(読売)
http://sociologio.at.webry.info/201103/article_117.html
2011年3月31日 読売新聞 3月31日(木)9時21分配信.

●悲鳴にちかい必死の原発擁護論3
http://sociologio.at.webry.info/201106/article_16.html
2011年6月5日 浜岡原発は、建設当初から東海地震に対する耐震性が必要なことはわかっていただけに、十分な耐震性を持たせた設計となっていると思う。 地震に関して新しい知見が得られるごとに、耐震性を高め、古い1~2号機は廃炉にし、3~5 ...

●「廃炉は当たり前」「原発必要ない」=一時金求める声も-会長発言受け ...
http://sociologio.at.webry.info/201103/article_112.html
2011年3月31日 ...

●廃炉明言、避難解除めど立たず=福島第1原発1~4号機―東電会長 ...
http://sociologio.at.webry.info/201103/article_113.html
2011年3月31日 ...

●福島県内首長、怒り頂点 「自治体崩壊」瀬戸際(河北新報)ほか
http://sociologio.at.webry.info/201103/article_81.html
2011年3月25日 馬場有町長は「原子炉への海水注水が遅れたのは、廃炉を想定していなかったからではないか。東電は自分の利益を守るのが前提か」と批判する。 遠藤勝也富岡町長は「事故の半分は人災。安全神話は完全に崩れた。国と東電は原発の ...

●事故リスク、複数試算=発電コストに反映へ―原子力委 (時事通信)ほか
http://sociologio.at.webry.info/201110/article_43.html
2011年10月15日 原子力発電にかかるコストを試算している国の原子力委員会は、原発事故が起きた場合の費用を発電コストに反映させるため、東京電力福島第一原子力発電所の事故の損失額をベースに、損害賠償や廃炉などにかかる費用を発電コストに ...

●東電社長に西沢常務=前期純損失1兆2473億円―福島1~4号機の廃炉決定 (時事通信)
http://sociologio.at.webry.info/201105/article_69.html
2011年5月20日 ...

●浜岡原発の停止は米国の要請(日本語って難しい・・・。)ほか.
http://sociologio.at.webry.info/201105/article_74.html
2011年5月22日 そして、「ではこれから廃炉ビジネスで儲けさせてもらおう」ということに衆議一決したのである(見たわけではない ... ついては、この廃炉のお仕事はアメリカの廃炉業者がまるごとお引き受けしようではないか(料金はだいぶお高いですが)」。 ...

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック