地域限定だと自覚がない地域語例

「標準語じゃないの?」と驚いた方言集~シチュエーション別編2011年08月11日 19時00分配信 COBS ONLINE
.
いつも使っている言葉なのに、同僚や友人から「えっ!? それどういう意味?」と聞き返されて、慌てて言い直した経験はありませんか?

「標準語」だと思っていたら、実は「方言だった」という言葉は意外とあるようです。

そこで、「標準語だと思って使っていた方言」について、COBS ONLINEの読者1,000人にアンケートを行いました。

結果を分類すると、よく使われている方言には共通点があるようで……。今回は、使われているシチュエーション別に、方言の数々をご紹介します。

調査期間:2011/6/15~2011/6/19
アンケート対象:COBS ONLINE会員
有効回答数 1,000件(ウェブログイン式)



■学校で使われている言葉は「方言」が多い!?

「標準語だと思って使っていたら、意味が通じなかった経験はありますか?」の問いに「はい」と答えた人は1,000人中323人でした。


「はい」と回答した人に、通じなかった方言とそれらが使われるシチュエーションについてたずねたところ、意外にも「学校で使っていた言葉」が多く寄せられました。


例えば、「学校の掃除時間」に使っていた言葉として


・ごみを捨てる → ごみを投げる(北海道/秋田/青森/山形など、主に東北地方)
        → ごみをほかす(奈良/滋賀/京都/兵庫/大阪など、主に関西地方)
        → ごみをほかる(愛知)
        → ごみをほる(三重)
などがあります。

三重出身の人は「ごみ捨て当番」を「ごみほり当番」と言っていたそうです。


また、学校の掃除時間に机を前や後ろに運ぶとき、愛知や三重では「机をつってください」、愛媛では「机をかいてください」と号令をかけるようで、「ほかの地方で通じなくてびっくりした」と回答しています。


掃除に関しては、ほうきで「掃く」ことを、福岡などでは「はわく」と言うそうで、福岡出身の多くの人がこの方言を回答しています。



■「ラーフル」、「さし」、「とりのこ用紙」って何?


さらに、学校で使う「もの」に関して通じなかった方言も多く寄せられました。


例えば

・黒板消し → ラーフル(宮崎/鹿児島など、南九州地方)



・定規 → さし(広島/愛媛/兵庫/大阪など、中四国関西地方)

    → 線引き(静岡/愛知など、東海地方)



・模造紙 → とりのこ用紙(愛媛)

     → 大洋紙(新潟)

     → ビー紙(三重/愛知)


などです。


そのほか、愛知では「休み時間」のことを「放課」、栃木や千葉など関東地方では「うしろ」のことを「裏」、山形の内陸部では「上履き」のことを「内ズック」と言うのだとか。



使用例として「放課に職員室に来ること」、「教室の裏に座って」、「内ズックを忘れないように」などがあげられています。

また、給食時間のあいさつとして、長野では「ごちそうさまでした」を「いただきました」と言うそう。


これらの方言を「標準語」だと思ってしまったのは、「学校で使われている=全国共通のはず!」という思い込みがあるのかもしれません。



■おなか太った? ―飲み会で通じなかった方言


次に多く寄せられたのが、食事や飲み会で使って通じなかった方言の数々です。


例えば、

「おなかいっぱいになった?」と聞いたつもりで「おなか太った?」と言ったら、相手が不機嫌になってしまった、と言うのは広島出身の方。



「満腹」を意味する方言はほかの地方にもあるようで、香川では「おなか起きた」、和歌山など関西では「おなかおっきい」、新潟では「はらくっちゃい」、石川では「くっつり」、三重では「ずつない」と言うそうです。


また、飲み物などが「コップからあふれそうな状態」を、高知や徳島などの四国地方では「まけまけいっぱい」、福井では「つるつるいっぱい」と表現するのだとか。


「今にもこぼれそうだったので『ビールがまけるよ』と言ったけれど、ほかの人に通じなかった」(女性/28歳/愛媛)という回答が寄せられています。


そのほか、サワーやジュース、ドレッシングなどの中身が「沈殿(分離)している状態」を、三重、和歌山などでは「とごる」と言い、長野や静岡では「こずむ」と言うそう。



水に関係する方言で多かったのが「うるかす」という言葉。

北海道出身者のほとんどがこの方言を回答していて、「水につけてふやかす」ことだと言います。北海道だけでなく、宮城や山形など東北地方の一部でも使われているようです。



■「この服、なんかいずい」

シチュエーションに関係なく、方言だと分かっていても、つい使ってしまうものもあるようで……。



例えば、山口・広島出身の10人以上の方から寄せられた「たう」という方言。

高いものに手が届かなかったときなどに、「ちょっと、あれたわんけぇとってーや」(あれに手が届かないので取ってください)と使うそう。


また、北海道や宮城で使われる「いずい」という方言も、一言で複雑なニュアンスを表現するため、標準語に直すのが難しいのだとか。


例えば「この服、なんかいずい」(この服、なんだかしっくりこない)というように、ちょっと違和感があるときや、なんとなく合っていないときに使うといいます。


栃木や茨城では、相手を心配しているときや何か問題があるときに、「大丈夫?」と聞くかわりに「だいじ」と言うそう。


つい、口をついて出てしまう方言の数々は、すでにあなたの個性かも。無理に直そうとせず、魅力の一つとしてしまうほうが、自分らしくていいかもしれません。

(近藤雪江/ユンブル)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック