早川忠孝「ゴビンダ事件は速やかに再審決定すべき」

http://news.livedoor.com/article/detail/5958157/
ゴビンダ事件は速やかに再審決定すべき
2011年10月22日10時08分

早川忠孝
プロフィール / 記事一覧(648)
Twitter ブログ

いわゆる東電OL殺害事件の再審請求事件で新たな展開が見られた。

弁護団からの情報提供なので、裁判所や検察庁の反応がよく分からないが、報道されている限りではこの事件の再審を妨げる理由はない。裁判所は、速やかに再審決定を出すべきである。

そもそもゴビンダ事件についての裁判所の判断は、極めつけが過ぎていた。随分危なっかしい証拠で断定するものだ、本当に大丈夫なのか、と遠くから眺めていたが、裁判所の判断の危なっかしさがどこから来るのかようやく見えてきた。

普通の市民生活を送ってきた人が懸命に無実を訴えているときは、無実である可能性が極めて高い。普通の市民生活を送ってきた人が殺人などという重大犯罪に手を染めるようになるということは通常あり得ず、そもそも犯行の動機がないからだ。

精神的に欠陥がある人間が瞬間的に殺意を抱いて殺人を犯してしまう、興味本位で通り魔的殺人を犯す、などということはあるかも知れない。あるいは何らかのトラブルに巻き込まれて普通の市民が過って人を殺めてしまう、などということもあるかも知れない。しかし、普通の市民生活を送っていた人が何らの動機なく殺人を犯すはずがない、と考えるのが普通の感覚である。

裁判員裁判が行われていたらゴビンダ被告には無罪判決が言い渡されただろう。
私は、ゴビンダ被告に無罪判決を言い渡した第一審裁判所の裁判官の判断の方が一般の国民の良識に近かったのではないかと推察している。しかし、現実には、控訴審の東京高裁は原審の判決を取り消しゴビンダ被告に有罪の判決を言渡し、最高裁もゴビンダ被告の上告を斥けたため、有罪の実刑判決が確定しゴビンダ被告は刑務所に収監されている。

ゴビンダ被告は捜査段階から裁判の確定に至るまで、一貫して無実を訴えていたようだ。
刑務所に収監されてからも無実を訴える態度には何らの変化もなく、現に再審請求を起こしている。当初は無実を主張した被疑者が取り調べの過程で一度でも自白に転じていれば、その後事実を認めたり、またこれを引っくり返して再び無実を訴えたりしても、その無実の主張自体について眉に唾を付けて聞きたくなるのは人情だが、ゴビンダ被告は一貫して無実を主張しているのである。

捜査段階から判決確定まで終始一貫して無実を訴え、判決確定後刑務所に収監されてからも再審請求を繰り返している被告の主張には相当の根拠がありそうだ、と考えるのが普通ではないか。私は、これがゴビンダ被告の有罪判決を疑うべき行動証拠の一つだと考えている。

ゴビンダ被告は一貫して無実を主張してきており、どんな質問に対しても率直に答えていたようだ。事実関係について言い澱んだり、誤魔化しの弁明をしたり、あるいは何らの偽装工作をしたこともない。

そのうえで東電女性職員の殺害には関与していないと一貫して主張していたのだから、裁判所はゴビンダ被告が被害者を殺害したと認定するのであれば、ゴビンダ被告が殺害をしたという事実についての具体的な直接証拠の有無を精査すべきであったのに、どうもこれを怠った形跡がある。

被告人が本当のことを言うはずがない、と極めつけていたのではなかろうか。検察官もしばしば極めつけをするが、裁判所も極めつけが激しい。自分たちの判断に何処か間違いはないか。他の考え方はないか。そういった、自分の判断の相対化、客観化が必要なのだが、狭い世界にいるとつい考え方も狭くなる。

そういうことが積もり積もっていつしか被疑者や被告人の弁解、弁明に真摯に耳を傾けなくなるということに結びついてくるのではなかろうか。

ゴビンダ被告が有罪か無罪かは、十分の証拠調べを行ってはじめて判断できることである。

だから、何の資料も持っていない私がゴビンダ被告についての有罪、無罪論のいずれも展開できないのは当然だが、それでも、ゴビンダ被告について再審をしなければならない決定的な理由があることだけは分かる。

それは、最高裁までの審理のすべての過程を通じて、検察側がひょっとしたら別人が犯行を犯したのではないかと示唆するような大事な証拠を被告弁護側に開示していなかったこと、裁判所は一審裁判所から最高裁判所まですべてこれらの重要証拠に触れることがないままに判決を言い渡していた、ということである。

検察官には、必要な証拠の開示を怠っていたという重大な過誤がある。
これまでの刑事訴訟の手続きでは必ずしも違法だとまで極めつけることは出来ないが、正義の実現を求めるべき法廷で検察側が被告人に有利な証拠の提出を拒んでいたり、隠していたり、時には改竄したりということが許されるはずがない。

フェアであるべき裁判の場がアンフェアに行われていたということが明らかになったのだから、ゴビンダ事件は直ちに再審の手続きに移るべきである。
私は、強くそう訴える。


参考 時事通信配信記事
被害者の付着物、別人体毛と一致=追加DNA型鑑定で判明―東電OL殺害
時事通信 10月21日(金)19時50分配信

 東京都渋谷区のアパートで1997年に起きた東京電力女性社員殺害事件の再審請求審で、検察側が実施した追加のDNA型鑑定の結果、被害者の胸や陰部などから採取された付着物が、現場に残されたゴビンダ・プラサド・マイナリ受刑者(45)とは別人の体毛のDNA型と一致したことが21日、分かった。弁護団が記者会見して明らかにした。
 この体毛は、被害者の体内から採取された精液とDNA型が一致するとの鑑定結果がこれまでに出ている。被害者が事件前に第三者と性交渉していた可能性がさらに強まった。 

http://ameblo.jp/gusya-h/entry-11055409161.html




●<東電社員殺害>別人の唾液付着か 東京高検DNA鑑定へ (毎日新聞)ほか
http://sociologio.at.webry.info/201109/article_9.html
●東電女性社員殺害:遺留物に別人のDNA 再審の可能性(毎日)ほか
http://sociologio.at.webry.info/201107/article_65.html

"早川忠孝「ゴビンダ事件は速やかに再審決定すべき」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント